お知らせ Archive

毛布・タオルケット・バスタオル等の寄付について
Posted on:2013年12月18日お知らせ

tumugu=つむぐ=プロジェクトでは、こどもたちに向けての啓発活動と並行して、神奈川県動物保護センターに毛布、タオルケット、バスタオルなどをお届けする活動を始めました。
以下、佐竹かよこからのお知らせです。

皆様へ

こどもたちへ向けての啓発と並行して進めてゆく考えでおります、保護犬に関する啓発活動の一つとして、保護犬LINDAの里親さんと協力して、先日小さく呼びかけをして、物資を集めました。初めての試みだったこともあり、こちらには事後報告となりましたこと、ご理解いただけましたら幸いです。

本日12月16日、神奈川県動物保護センターに、集めさせていただいたタオル、毛布、カイロなど届けてまいりました。
集めた布類は、主に保護された猫が収容されるケージに敷いてつかったり、時に処置室で傷や病気の回復を待つイヌやねこたちのケージの中に敷いて使うものです。病気の感染を防ぐため、一回一回使用したら処分されるため、不要なタオル、毛布などを届けることで、少しでもネコやイヌたちが温かく過ごすことができます。

今後も継続して、センターへ上記物資の寄付をしていけたらと想っております。
今回ある程度の量が集まりましたので、またころ合いをみて物資のご寄付のお願いをさせていただくかと想います。

もし、ご家庭で不要になった毛布、タオルケット、バスタオルなどがあり処分しようとお考えでしたら、次のタイミングの時までお手元においておいていだけましたらうれしく想います。

また、センターのお考えとしては、まずはまわりで保護犬・保護猫に里親を探す活動をされている個人・団体の方で上記物資の援助を求めている方を優先にしてくださいとの考えがあります。

ご縁やつながりがあり、ご近所で活動されている方をそれぞれにお探しいただいて、まずはそこに寄付をしていただくことは、こちらとしても大変うれしいかぎりです。

それでもまわりにそういった繋がりがない場合、こちらの呼びかけにこたえていただけたら、幸いです。

また、センターへ直接上記物資を送ることについては、まずはこちらにご連絡いただけますようお願いいたします。センターが公に物資の提供を求めている状況ではございません。こちらがせめても、せめて温かく過ごしてもらえたらの思いでさせていただいていることですので、その点についてはご理解いただけますようお願いいたします。

tumugu=つむぐ=プロジェクト
記:佐竹かよこ
2013年12月16日

2014年2月24日、逗子市内の幼稚園での幼稚園向けプログラム活動が確定しました。
Posted on:2013年12月8日お知らせ

皆様へ
逗子市内の幼稚園で、2014年2月24日(月)幼稚園向けのプログラムを行うことが決定いたしました。
これからプログラム内容など詳細をさらにつめていく予定です。

他、来年度の近郊小学校での実現にむけて、みゅーまるさん、One☆Pawと保護者の方と顔合わせを行いました。実現に向けて有意義な話し合いとなり、こちらも引き続き話し合いを重ねて実現に向けて働きかけてまいります。

随時、詳細が詰まり次第、また進捗のご報告をさせていただきます。引き続き、進展を見守って応援してくださるとうれしく想います。