プレス情報

逗子小サマースクールでの活動の様子がタウンニュースに掲載されました。
Posted on:2014年8月17日プレス情報

逗子小サマースクール 命の大切さ伝えるより

掲載号:2014年8月8日号

たった一つの命を大切に――。逗子文化プラザなぎさホールで先月30日、「命の授業×保護犬たちのミュージカル ワンライフ」と題したプログラムが行われた。逗子小学校支援地域本部が主催する同校サマースクールの一環で、「tumugu=つむぐ=プロジェクト」(佐竹加代子代表)が企画した。
 
 前半では同校の大内純一校長が登壇。内臓疾患を抱え、成人を前にして夢半ばに息を引き取った同級生との思い出を語り、「命は一つ。特に自分で命を絶つのは本当に悲しいこと。皆さんは一生懸命に生きて、夢を叶えてほしい」と呼びかけた。
 
 後半は動物愛護の普及啓発を行う音楽劇団「みゅーまる」がミュージカルを披露=写真。虐待を受けた犬や被災犬など、施設に預けられた4頭の犬の境遇と、新たな家族と出会うまでの物語を演じた。「人も犬も同じ心を持った生き物。同じ命を大切にして」と同劇団員。会場を訪れていた小学4年生の女子は「施設に送られた犬は可哀そう。動物の命をもっと大切にしないといけないと思った」と話していた。

聖マリア幼稚園での活動の様子がタウンニュースに掲載されました。
Posted on:2014年3月13日聖マリア幼稚園

タウンニュース逗子・葉山版 聖マリア幼稚園「命の重み知って」より

掲載号:2014年3月 7日号

子どもたちに命の大切さを知ってもらおうと先月24日、逗子市新宿の聖マリア幼稚園で「みゅーわん・キッズコンサート」が行われた。動物保護の啓発活動などを展開する「tumugu=つむぐ=プロジェクト」(佐竹加代子代表)が主催。園児らは犬とのふれあいなどを通じて動物との暮らしや接し方を学んだ。

コンサートは音楽劇で動物愛護を訴える「みゅーまる」と動物の里親募集などを行う「ワンパウ」らが協力。「いぬのおまわりさん」などの歌に声を揃えたほか、「繋がり」を題材にした絵本朗読、後半には犬5頭が登場し、ふれあい体験も行われた。体験では飼い主らが「まずは手を鼻の前に出して、胸を撫でてみて」と犬との接し方を手ほどき。園児らはゆっくりと手を差し伸べ、「ふわふわしてるー」など笑顔を見せていた。
20140305182019_165963

聖マリア幼稚園での活動の様子がテレビ神奈川で放送されました。
Posted on:2014年2月28日聖マリア幼稚園

2月24日に逗子市聖マリア幼稚園で行ったプログラムの様子が 2月24日のテレビ神奈川「tvkニュース[2014年2月24日(月)]」の番組内で紹介されました。

幼稚園で動物愛護の啓発体験イベント

14/2/24(月) 18:34

犬とのふれあい体験を通じて子どもたちに命の大切さを学んでもらおうと逗子市内の幼稚園で動物愛護の啓発イベントが行われました。
逗子市の聖マリア幼稚園で行われたきょうの体験イベントは横須賀市を拠点に動物愛護の啓発活動を行なっているボランティアグループなどが企画したものです。
園児およそ130人が参加して大型犬のゴールデン・レトリバーや小型犬のチワワなど5匹の犬とのふれあいを楽しみました。
この中で園児たちは犬との接し方で注意する点や動物を愛する気持ちを持つ大切さなどを学んでいました。
企画したボランティアグループではこうした活動を通じて捨てられた犬や猫の里親を探す取り組みもしていて広く支援を呼びかけています。